2013年12月20日
開運歩術

神道の卯歩(うほ)から来てる特殊な歩き方です 。
 
 
 
卯歩とは余り見る機会は無いと思いますが、神社様の神主さんに

家の祈祷や地鎮祭などを頼んだ時に土地や家の周りをぐるぐる

回るのですがその時にやる歩術です 。
 
 
 
要はその歩き方をする事により、結界を張る訳ですがこの卯歩を

力のある神主さんがやれば大地震などが来ても崩れる心配が

無くなったりします。
 
 
 
まあそんな力を持った神主さん自体が全くと言って良い程

いなくなってしまった世の中ですが…
 
 
 
そんな事は置いといて

話を戻します。
 
 
 
この卯歩から来てる特殊な歩き方ですが…

簡単です☆

家を出る時入る時

ドアの出入り

階段の上り下り

駅の改札

最初と最後を左足で終わるようにするだけです。
 
 
 
最初の最初の第一歩と終わりを左足です。
 
 
 
人が行き交う場所には良い運から

悪運まであらゆる運気が落ちてたりします。
 
 
 
左足から始める事によって悪運を拾わず良い運気を

拾うようになります。
 
 
 
そうなれば試練以外の余計なトラブルや厄介事から

逃れる事に繋がりますし良い事ずくめでおすすめです。

いつもこの神仏様直伝 霊能者天妙龍啓のブログをご覧頂き
ありがとうございます。皆様の応援が励みになります。
参考になりましたらクリックお願いします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)