月別アーカイブ: 2015年10月

2015年10月30日
霊的要因からの干渉を受けないようにする為には その2

大阪の自宅より、、、
 
 
 
新しく技術を学びたいという方が現れて

その指導に当たっていると色々な成長が

見れるのでやはり楽しさが先に立ちます。
 
 
 
元々の性格か人が成長する様を見るのが

好きなので指導に回るとワクワクしてし

まう。
 
 
 
厳しく接しすぎて離れてしまう人も居る

けどそれはしょうがない。
 
 
 
厳しく育てて油断の無いようにしないと

困るのは本人だしそれに巻き込まれる形

になる他の人。
 
 
 
こんな感じで二次災害みたいなものはど

こでも起こる。
 
 
 
だからせめて油断を絶対にしないように

様々な話も交えてそういった事への怖さ

も教えながら慎重に指導していますがど

こまで伝わっているかはその時にならな

いと解らないのがもどかしい。
 
 
 
一番怖いのは解ってるつもりのまま行っ

てしまって全然ちぐはぐな理解のまま先

に進んでしまう事だけどこれは何も霊能

という分野だけじゃなくて仕事でもそう

だしスポーツでもそう。
 
 
 
この状況に陥った人は全く周りが見えな

くなるし成長も凄く遅くなってしまうの

で勿体ない事この上ない。
 
 
 
今指導してる人にはそうなって欲しくな

いので出来る限りこういったアドバイス

を交えつつ成長を促して行きたいですね。
 
 
 
さて前回の続きです。
 
 
 
霊的要因からの干渉を受けないようにす

る為の対処というのは検索したら様々な

ものが出てきます。
 
 
 
しかしそのどれが正解でどれが間違いな

のかというのは様々な状況や環境で変わ

る。
 
 
 
1と言う状況では効果がある事でも2と言

う状況では効果が薄いなんて事もザラに

あるのでそういった知識を知っとかない

と逆効果になることも多くそういった知

識を知る事も大事だけど何より理解する

事が大事。
 
 
 
こう書いてしまうと凄く難しく考えてし

まうし実際に難度も上がる。
 
 
 
じゃあどうすれば良いか?
 
 
 
答えは簡単。
 
 
 
バランスが良く安全に行えてどの場所で

も結果が左右されにくく、状況関係無く

効果の高い対処をすれば良い。
 
 
 
このブログの過去記事を遡ればそういっ

た安全に行える対処も書いてますので読

んでみてくれればと思います。
 
 
 
でも一番大事なのは他にある。
 
 
 
これは霊的要因からの干渉を受けないよ

うにする為の一番大事な根源の部分です。
 
 
 
別に何か特別な儀式や施術とかではない

誰でも行える簡単な事。
 
 
 
意外にこれが出来てない人は多くそうい

った事から被害を勝手に大きくして拡大

して行く人も多い事ですが、、、
 
 
 
答えは簡単。
 
 
 
必要以上に怖がったり反応しない事。
 
 
 
いじめと同じで反応すればする程エスカ

レートする。
 
 
 
なので相手をしない。
 
 
 
何でも霊的要因を原因に結び付けて考え

ない。
 
 
 
見えない何かのせいにしない。
 
 
 
起こる事は全て自分に原因がある。
 
 
 
でもその原因を自身の成長に結び付けて

行動して行くようにプラスの行動に変え

るとそういった思考を嫌がる霊的要因は

離れて行ったりするけどマイナスに結び

付けたり周りのせいにしたりして行動す

るとそういった陰気な行動は向こうから

すれば大好物なので余計なトラブルを引

き寄せたりもする。
 
 
 
嫌なトラブルがあっても全て成長の糧に

出来てしまえる思考を身に着ければ霊的

要因の干渉もどんどん減るしそれが強く

なればなるほど克服へ前進するんです。
 
 
 
こういった対処をしててもそれでもなお

流れが変わらず精神にも体調にも何かし

らのおかしな反応が起こる。
 
 
 
一向に快方に向かわない。
 
 
 
そうなって初めて霊能のエキスパートの

出番です。
 
 
 
何かある度に霊的要因のせいにして考え

て行くと悪徳霊能者とかの詐欺師に騙さ

れるリスクも上がるし色んな人にカモに

されたり良い人が離れたりは必然的に起

こる。
 
 
 
そういった事を遠ざけるには自分の根源

の思考と行動を変えて行かなければいけ

ません。
 
 
 
自分を変えるって最初は怖いです。
 
 
 
でも変わる行動をしなければその先の成

長も無く開運を掴む、道を切り開く事も

難しくなります。
 
 
 
今の自分に満足しないなら、人生が不満

なら、、、
 
 
 
自分を変えるしかありません。
 
 
 
今回の記事があなたが変わるきっかけに

なってくれれば幸いです。