月別アーカイブ: 2014年9月

2014年9月29日
状況を打破する思考

状況を打破する思考とは?
 
 
 
流れは自らが生み出す
 
 
 
大阪のスタバより、、、
 
 
 
先日家の猫が盛大に私の布団におしっこ

地図を書いてくれた。
 
 
 
勘弁してくれと思いながらもファブリーズ

とドライヤーとタオルを総動員して乾かし

てる真後ろで再び猫がおしっこで大陸を描

く、、、
 
 
 
これは嫌がらせか何かかと思いつつそのま

まにも出来ないので申し訳ないと思いなが

ら友人との約束を友人との約束を30分ずら

して合流した何て事があった。
 
 
 
その時は『おいおい勘弁してくれよ』と思

ったんですが…
 
 
 
時間を30分遅らせたら別の場所を指定され

たので無事合流したら友人が『お前相変わ

らずラッキーだな』と言い出した。
 
 
 
何か聞いてみたら待ち合わせちょうどの時

間に変な人に付きまとわれてて非常にめん

どくさかったとの事。
 
 
 
最近でも物騒なニュースがありますが人と

言うのはある意味で最も怖い…
 
 
 
だって何をするか解らないから。
 
 
 
友人も身の危険を感じたようでその場を離れ

て別の場所を指定したとの事だった。
 
 
 
たしかに猫のイタズラで時間を大幅にロスし

たりなんてのは良くある。
 
 
 
何でもない時で手を焼かされる時もあればこ

ういった何かから守ってくれる時だってある。
 
 
 
確かに両方されたらめんどくさい事だけど身

の危険を感じるよりはそれを避けて猫のおし

っこを乾かしたりする方が後で笑い話にもな

るし何より誰も傷付かなくて良い。
 
 
 
私は有難いことに霊能を始めてからこういった

トラブルにほとんど縁が無くなってしまった。
 
 
 
霊能をやってて良かったと思う事は多々ありま

すがこういった危険を無意識に回避できる事は

非常に有難い。
 
 
 
それに唯のイタズラのおしっこであれば頭をク

リアにして冷静になれますしね(笑)
 
 
 
私の元に相談に来られる方で申し訳ないですが

こちらから依頼を断る場合があります。
 
 
 
そういった場合には理由がありますが必ず共通

する思考と言うか似た考え方を持っている。
 
 
 
それは…
 
 
 
悪い意味での他力本願
 
 
 
人が何とかしてくれる
 
 
 
幸せは施術してもらったら勝手に向こうから

やってくる
 
 
 
こういった思考が必ずあります。
 
 
 
しかしこの思考を持つ限りそれが実現する事

はあり得ない。
 
 
 
だってソレは自らが行動して初めて掴めるもの

だったり手に入るものだから。
 
 
 
霊能の施術で出来るのはあくまでも状況のリセ

ットときっかけを与えるぐらいです。
 
 
 
逆に言えばそれ以外は自らの行動と対処でいくら

でも改善可能って事ですね。
 
 
 
待っていて誰かが何かをしてくれるなんて状況は

よほど恵まれた環境でもない限り訪れる事は無い

ですし、そんなあり得ない環境をただ待ってるだ

けより自ら動いて切り開いた方が圧倒的に状況を

打破する手段になります。

 
 
 

仕事でもスポーツでも霊能でも何でも必ず共通す

る部分と言うのはあります。
 
 
 
あなたは守破離(しゅはり)と言う言葉を聞いた

事がありますか?
 
 
 
守破離(しゅはり)と言うのは、日本で良く知ら

れる茶道や武道、芸術等における、師弟関係のあ

り方の一つと言われています。
 
 
 
日本において、様々な分野で進化してきた師の教え

や師弟関係などの過程のベースとなっている思想で

もあります。
 
 
 
これはどういう意味かと言うと…
 
 
 
まずは師匠に言われたこと、受けた教え、それらの型

をひたすら『守る』ところから修行が始まります。
 
 
 
何年もそれらを反復し自らそれを技術にまで昇華させ

モノにしたらその後、その型を自分と照らし合わせて

たゆまなく研究することにより、自分に合った、より

良いと思われる型をつくることにより既存の型を

『破る』事。
 
 
 
最終的には師匠の型を学び研鑽し、そして自分自身が

造り出した型にまで昇華させることが出来た個人は、

自分自身と技について理解を深めているため、今度は

そういった『型』から自由になり、『型』から『離れ』

て自在になることができると言う思想。
 
 
 

しかしこれはそういった武道や茶道、芸術のみなら

ず様々な分野でも起こります。
 
 
 
ビジネスの世界でも最初は言葉は悪いですがパクる

事から始まる。
 
 
 
それがある一定のレベルまで昇華するとオリジナル

と呼ばれる様になる訳だ。
 
 
 
オリジナリティーと言うのは本当の意味では存在せ

ず、皆必ずどこかでまず見本を立てている。
 
 
 
それは野球でも格闘技でも仕事でも霊能でも同じです。
 
 
 
以前に書いたエキスパートな視点で見るなら…
 
 
 
守の部分が3~5年
 
 
 
破の部分が6~8年
 
 
 
離の部分が9~10年って感じですかね。
 
 
 
今育ててる弟子にもこの部分をしっかりと理解

しオリジナルまで行きついて欲しいものですが

まずは何より守ですね。
 
 
 
ここがズレれば全てがブレますし台無しになる。
 
 
 
何よりこういった心構えは持って居るだけでも行

動が変わったりするのであなたも心の片隅にでも

留めておいて下さると個人的に嬉しいです(笑)
 
 
 
あらゆる分野でプラスに活かせる思考だと個人的

には思っています。
 
 
 
では☆